対象者

「ホリスティックダイエットプログラム」の対象者に関してのページです。

以下のどれかに当てはまるようなら、あなたもこのプログラムを通して自分と自分の体を好きになり、自分らしく内側から輝くあなたへとトランスフォームすることができます。

  • これが最後のダイエット。心身ともに健康的に痩せたい。
  • 減量が必要で健康的に無理なく自分を大切にしながらできる方法を学びたい。
  • ダイエットしてはリバウンドの繰り返し。
  • 短期集中ダイエットの効果が維持できないのは分かっているけど、その他痩せる方法が分からない。
  • ダイエットに嫌気がさしている。
  • ありのままのあなたを受け入れ、ダイエット成功に導いてくれる存在が欲しい。
  • ダイエットサプリ、下剤、エステに給料を貢いでいる。
  • ダイエット三昧の人生に疲れ自尊心も低下している。
  • 太っていたら幸せになる「権利」がないと思っている。
  • 痩せれば幸せになれると信じている。
  • 失恋の寂しさで「やけ食い」が止まらない。
  • 失恋は体型のせいと思っている。
  • 仕事や家庭でストレスが溜まりストレス食いしてしまう。
  • ストレスを食べ物で解消するからまた体重が増える。そして自己嫌悪に陥り自尊心が更に低下している。
  • 自分を表現できる場所が無く食べ物で感情を抑えている。
  • 職場で受け入れられないのは体重のせいと思っている。
  • 人生の寂しさや不満足さを食べ物で満足させている。
  • 気づくと感情食いをして食べ物の味や食べたものを覚えていない。その後自分を非難する習慣がある。
  • 自分で決めた食事方法を守れないと自分を批判するクセがある。
  • 今日の過食を翌日の絶食で清算している。
  • ポテトチップスを1枚食べたら1袋完食するまで気が済まない。
  • 過食後、予定をキャンセルして家に引きこもりがち。
  • 「明日からダイエット!」と言いつつその日が来ない。
  • コントロール不可能な体重増量や気持ちの浮き沈みに嫌気がさしている。
  • 食べ物に執着したり考えたりする時間が1日の大半を占めている。
  • 軽度の摂食障害があると自覚している(摂食障害で入院が必要な方はご遠慮ください)。
  • 食ベものと自分の関係を良くして食べることと人生を楽しみたい。
  • 自分の内側を見つめる準備ができているのに思考回路が邪魔をして減量できない。
  • 「太っているから」生きている目標がない。でも誰かに認めてもらいたい。受け入れてもらいたい。ありのままのあなたを愛して欲しい。。。
    {EBBCB4DB-198D-4562-BF29-3065BB983F06}

    これは「Breaking Free From Problematic Eating」と書いてありますが、これが効果立証済みの英語版のプログラム名です。ホリスティック栄養学校のクラスでも
    取り入れられるようになりました。

北米では上記で述べたような色々な状態を「 乱食(Problematic Eating)」として取り扱い、改善プログラムを提供しています。
その他「Emotinal Eating(エモーショナル・イーティング)」や「摂食障害」と呼ぶこともありますが、「食べ物とあなたの間に何らかの問題がある」という意味で「 乱食」という用語を使ってコーチングプログラムの話を進めていきますね。

プログラムの料金やサービス内容が早速知りたいという方はこちらをご確認ください。

プログラムには定員枠がありますのでコーチングをご希望の方はまずお問い合わせください。

お問い合わせタイトル:
ホリスティックダイエットコーチング希望
お問い合わせ先:
info@bodykarma.ca

また、このプログラムがご自身に適しているか、プログラムやコーチングに関して質問のある方には「30分無料LINE通話 プログラム個別相談」を設けています。
プログラム又はコーチングに関する明確な質問を承ります。

まずは以下までご連絡ください。

お問い合わせタイトル:
30分無料LINE通話 プログラム個別相談希望
お問い合わせ先:
info@bodykarma.ca