ヘルスコーチになる

北米では「ヘルス・コーチ」という資格に注目度が年々増し、この資格取得が人気を集めています。中でもNYで生まれた Institute for Integrative Nutrition (IIN) と言う世界最大規模を誇る統合栄養学校が有名で、現在大人気のスーパーモデル、ミランダ・カーもこの学校の卒業生です。また、イギリス王室ウイリアム王子の妻キャサリン妃の妹の通学ウォースストリートジャーナルライブ番組で更なる注目を集めています。

Screen Shot 2016-03-29 at 7.55.25 AM全てをオンラインで学べ、英語中級者から受講が可能なため、現在122ヵ国、60,000人以上の生徒や卒業生が世界の人々をより健康的に幸せにしようと活動しています。

私は2015年度にこの学校を通して Certified Integrative Nutrition Health Coach(公認統合栄養ヘルスコーチ) となりました。
2008年にカナダでRegistered Holistic Nutritionist認定ホリスティック栄養士。以下「RHN」)の資格をカナダで取得しているのですが、「RHNの資格があるのになぜ、ヘルス・コーチになろうと思ったのですか?」とご質問を頂くことこと多いので、IINの魅力も含めて以下でお答えしたいと思います。

私はカナダにワーホリビザで入国したのですが、労働ビザ取得目標も含めてパーソナルトレーナーの資格を取り、就労ビザを取得しました。トロントでパーソナルトレーナーとして働いていた時代に痛感したのは、クライアントの食と体の関係に対する認識の浅さと不規則な食生活でした。それをしっかり改善できるようなアドバイスをするには?と思って辿り着いたのがRHN

食品の栄養素、消化&吸収の様子や栄養素の不足や過剰摂取などの判断方法など、食や体に対する知識やマインド(精神)が安定している重要性も学んだのですが、もっとクライアントを各個人として奥深く探り、先祖が食してきた食べ物や幼少期の食生活、心のトラウマや現在の葛藤なども考慮したアプローチ方法を講義と実技で学びたいと思っていました。RHNとして食生活改善プランをただ渡すだけでなく、クライアントと一緒に手を取り合ってクライアントがリードしながら一生身に付く食生活改善のコーチ的ポジションにつきたいと思っていました。また、当時のRHNになるための学校で教わった少し極端なアプローチ方法に疑問もありました。

当時の疑問点の例を挙げると「推奨する食事方法は、白米や牛乳を完全削除。」という指導法。これは日本人の私にとってはなかなか克服できないものでした。私が日本人のお客様に初回コンサルティングでこのようにアプローチしたら、きっとその方は私の元へは帰ってこないでしょう。また、学校の講師やスタッフ、クラスメイトの多くが食品に対する心配事が多すぎて生き生きしている人が少なかった。「体にいいはずの食品」を食べているの何故だろう?と思いながら学校生活や仕事をしていたのを覚えています。

そんな葛藤の日々に出会った言葉がIINの「Bio-Individuality(バイオ インディビジュアリティー)」。

人それぞれ独特の食とライフスタイルのニーズがある。ある人にとっては良いとされる食品でも、それが全員に良い影響を及ぼすとは限らない。よって、流行ダイエットは長期的に見て失敗に終わる傾向にある。Bio-Individuality を念頭に、個人特有のニーズ、ライフスタイル、ワークスタイル、先祖の食生活やライフスタイル、年齢や性別、血液型などありとあらゆる局面を考慮しながら、ポジティブで取り入れやすいアドバイスを少しずつ提案しながら、一生続く食生活とライフスタイルの改善を提供する

サンプルクラスこちら

そしてもう一つ、入学を決意する理由となったのは  Primary Food(プライマリーフード)を重視したアプローチです。
健全な人間関係、満足の行く仕事、日々の運動、そして精神面のケアのバランスが整ってこそ、幸せで健康的な自分を育成できる。逆に言えば、これらのバランスが乱れているといくら健康的な食生活をしていても、エネルギーに満ちた幸せで健康的な生活が送れない」。

ホリスティック栄養学の学校でも上記は重視していましたが、IINではもっと深く突っ込んだアプローチ、つまり個人の核心にある暗い過去や今も前進できない理由を引き出して改善し、「今」を生きる事ができるようになるアプローチ方法が学べます。また、生徒同士で実際にコンサルティングの練習がたくさんできるので学校在学中に良い経験が積めます。

創業者で講師も勤める Joshua Rosenthal (ジョシュア・ローゼンタール)の話の中で、彼がヘルスストアーを経営していた時の話がいい一例です。彼の顧客はお店で完璧とも言えるヘルスフードを買って食べているにも関わらず、どうも幸せそうでない。ある日ジョシュアが隣の映画館へ行った時、健康的とは言えない映画館のポップコーンを食べているカップルがとにかく幸せそうで仕方ない。

その時ジョシュアが思った事は「心が満たされているという事はとても大事。これは必ずしも食品から得られるものではなく、人間関係や日々の生活から来るものである。」という事を感じたそうです。

私も本当にそうだと思います。みなさんも子供の頃を思い出してみてください。遊びに夢中になってご飯なんて食べたくない!と思った事ってありませんか?これはきっと心が満たされて満腹感が自分の中に存在していたからだと思います。

カリキュラムガイドこちら

まだまだ他にもたくさん学校の魅力がありますのでハイライトをいくつか箇条書きしておきます。

  • 全クラスオンライン受講。たくさんのライブ収録、オーディオ収録に加えて便利なハンドアウトあり。自分のペースで勉強でき、収録済みの情報を何度も聞ける。英語力アップにもつながる。
  • オンラインコミュニティーが充実。学校とクラスメイトからのサポートもしっかりあるのでお互い励まし合いながら学習できる。世界各国で受講者がいるため、英語が第2言語という人たちが頑張っている姿にも励まされる。
  • 世界で活躍する講師陣。例としてTVで大人気のDr. Ozやスーパーフードで有名なデイビッド・ウォルフ。心と体の医学およびウェルビーイング分野における世界的な第一人者で「富と成功をもたらす7つの法則」著者でもあるスピリチュアリティー界の大御所ディーパック・チョプラ。「スピリット・ジャンキー」で一躍有名となりアメリカの大人気なトーク番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」にも出演したガブリエル・バーンスティンなど。
  • 学習する栄養分野は100種類以上。押しつけで限定的な指導法が用いないのは、Bio-Individualityを尊重するため。
  • 実習の質が充実。クラスメイト同士でコンサルティングの練習を無限にできる。私は練習が可能となった月から、毎週2回のペースで毎月練習したため、色々な場面での対処方法が練習できた。
  • 業界では珍しくビジネス面にも力を入れており、将来独立したい人や企業に自分を売り込みたい人には特にうれしい分野。ターゲットにする市場の決め方やクライアント獲得方法や維持方法、有効なマーケティング情報やソーシャルメディアのノウハウなど多々あり。
  • 卒業後も継続的なクラスメイトとのサポートや、ビジネス展開の相談可能なども多く魅力的。

講義内容(シラバス)はこちら

最後に英語でIINを紹介したリンクを載せておきます。
http://bodykarma.ca/health-coach-certifications/

英語力がご不安の方、このサイトが理解できればIINの授業もしっかりついていけると思います!

また、無料で英会話力判定*をしておりますのでお気軽にお問い合わせください。
*診断のみにかかる時間は約15分です。“low-beginning”, “high-beginning”, “low-intermediate”, “high-intermediate” “low-advanced”などの大まかなレベル判定をさせていただきます。
診断+英語力アップアドバイス+進路相談をご希望の際は60分で5,000円です。

 

ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。
学校入学のサポートや割引特典もご用意しています。

info@bodykarma.ca